目的

  •  Windowsで遊びたかった
  • ThinkPadにあこがれていた
  • Microsoftがデベロッパー寄りになっているし、Linux SubsystemでWindowsも開発に使えるのではないかと思った

PCについて

  • ThinkPad X220 i5-2520M, 4GB, 300GB
  • オークションで入手
  • 送料込みで1.1万円程度
  • 英字キーボード
  • Windows10 Pro
  • 充放電サイクル82回

やったこと

初期化

Windows自体の機能で初期化の機能がついているのでこれを利用する。

設定 -> 更新とセキュリティ -> このPCを初期状態に戻す -> すべて削除する

更新

Windows Updateを実行

キー配列変更

キー配列をJISから英字に変更。

設定 -> 時刻と言語 -> 地域と言語 -> 日本語 -> オプション -> レイアウトを変更する

参考: Windows10日本語版で英語配列キーボードを使用する

System Update

LenovoからSystem Updateをインストール

Lenovoのサポートサイトから各ドライバをインストール(Windows10向けのものはないため、Windows8を使う)

Linux Sybsystem

Microsoftの手順に従ってインストールをする

hyper-v

Microsoftの手順に従ってインストールをする

cmder

cmderというターミナルから直接Ubuntuのbashにアクセスする

http://cmder.net/

http://qiita.com/yutaszk/items/fb77435296b131fd0a3a

Ubuntu環境構築

zsh

apt-get install zsh

(zshを使うようcmderの起動オプション変更)

参考

gcloud

初回curlはなぜかTLSハンドシェイクに失敗した。ネットワークの問題だったかも

sudo apt-get install python2.7

curl https://sdk.cloud.google.com bash

exec -l $SHELL

gcloud init

kubectl

gcloud components install kubectl

ATOK

日本語入力切り替えをCtrl+Spaceに変更

参考

VirtualBox

公式サイトからインストール

sudo ln -sf /etc/ssl/openssl.cnf /opt/vagrant/embedded
PATH=$PATH:/mnt/c/Program Files/Oracle/VirtualBox

その他

sudo apt-get install make gcc

感想

大抵のことはできるが手間がかかるイメージ。

またググラビティが低く、Windowsというワードが入ると一般向けのページが多数表示され検索が難しい。

結論として、Windowsを開発マシンとして使うのはちょっと躊躇するかな、という感じ。

#