JMeterにはプロキシを使ったシナリオの自動作成機能があります。

プロキシの使い方を紹介しているサイトによってはHTTPSはJMeter単体ではできないと書いてあるのですが、単体でできたので手順をメモします。

手順

1. 記録するHTTPSリクエストを置く空のスレッドグループを作成

2. 記録用のプロキシサーバを作成

3. プロキシサーバの設定

“対象となるコントローラ”に、先の手順で作成したスレッドグループを指定します。

その後”開始”ボタンを押下します。

プロキシ用のダミー証明書についての説明が書かれています。OKボタンを押下します。

4. ダミー証明書をインストール

JMeterのbinディレクトリ内に生成されたApacheJMeterTemporaryRootCA.crtファイルをダブルクリックで開きます。

キーチェーンが開きますので、選択されている_ DO NOT INSTALLで始まる証明書ファイルを右クリックして”情報を見る”を押下します。

5. 証明書を信頼

開いたウインドウの”信頼”タブの”この証明書を使用する時”のプルダウンで”常に信頼”を選択します。

ウインドウを閉じるときにパスワードが求められるので入力します。

6. プロキシ設定

システム環境設定のネットワークを押下します。

詳細ボタンを押下します。

“プロキシ”タブを開き、”保護されたWebプロキシ (HTTPS)”を選択し、”保護されたWebプロキシサーバ”にlocalhostを入力し、OKを押下する。

7. プロキシを通じてページにアクセスする

プロキシの設定ができたのでWebページにアクセスします。

するとスレッドグループの配下にHTTPリクエストが追加されます。

8. 最後に

プロキシの利用が終わったら環境設定の”保護されたWebプロキシ (HTTPS)”のチェックを外します。