タイムゾーンって/usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyoを/etc/localtimeにコピーするなりシンボリックリンクを貼るなりすると思うんですけど、EC2の場合はyum updateのタイミングでUTCに戻ってしまう場合があります。ありました

ということで、/etc/sysconfig/clockを書き換えましょう。

/etc/sysconfig/clockは、ハードウェアクロックから読み込んだ値を制御するそうです。

http://web.mit.edu/rhel-doc/4/RH-DOCS/rhel-rg-ja-4/ch-sysconfig.html

/etc/sysconfig/clockの内容は

ZONE="UTC"
UTC=true

となってると思います。それを

ZONE="Asia/Tokyo"
UTC=false

と書き換えましょう。

私の場合は今のところこれでタイムゾーンがJSTで設定できています。

Source: New feed